コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像
コエンザイムQ10は若さの秘密!
画像

理想のライフスタイルは人それぞれ。
「孫といつまでも遊びたい」
「ゴルフや釣りなどの趣味に没頭したい」
「定年後、第二の人生をアクティブに楽しみたい」
「たくさん旅行したい」などなど。
どれも素晴らしいですが、実現する為には健康が第一。
本当に理想的なライフスタイルは健康な身体があってこそ可能になるのではないでしょうか?
そして健康でありながら、なおかつ若々しくあることが大切です。

いつまでも健康で若々しく・・・
その為には様々な意識が必要になるでしょう。
食生活(栄養のバランス)や適度な運動をはじめ、精神的にもストレスを溜めないようにするなど・・・ 心がけておきたいポイントは一つではありません。

そして、そんな「若々しさを維持するポイント」の一つにコエンザイムQ10があります。
このサイトでは、元気と若さの秘密として脚光を浴びているコエンザイムQ10を特集!
健康的な身体を保つうえで知っておきたい情報をまとめました!

コエンザイムQ10の効果とは?

コエンザイムQ10は別名、CoQ10とも呼ばれている成分です。
名前を知っている人は多いと思いますが、その効果や役割についてはどうでしょうか?
まずは、その働きについて解説したいと思います。

コエンザイムQ10の働きとして代表的なのはこの二つ。

1:老化現象を食い止める
内臓や肌などの老化を予防しています。
活性酸素という老化の原因とも言われる酸素から身体を守っているのです。

2:エネルギーを造り出す
人間が生きていく為に必要なエネルギーを作り出すために必ず必要で、私達のパワーや活力の源になっています。

それでは、それぞれの詳細を見てみましょう。

1:老化現象の予防について

老化の仕組みとは?

画像

なぜ身体は年齢を経ることで老化してしまうのでしょうか?
これは「身体のサビつき」とも言える現象が原因です。

私たちの身体はいくつもの細胞で形成されていますが、それらの細胞は常に傷つけられては治癒する・・・というループを繰り返しています。 細胞を傷つけているのは活性酸素という要素。
これが身体を酸化させているのです。(酸化=サビ)
このサビは内臓や肌など至る部分を老化させています。
生活習慣病の原因とも言われていますし、美容を損なう主な原因としても知られます。

活性酸素はストレスや運動不足、食習慣の乱れなどで簡単に増えてしまいます。
だからこそ、ケアが必要。
そして、そのケアを行ってくれるのがコエンザイムQ10などの成分という訳です。

老化の原因(=サビ)をケアする!

画像

私たち人間には本来、上記のようなサビつきから身体を守る機能があります。 しかし、歳をとることで機能は低下してしまうのです。
機能が低下し始めるのは40代や50代・・・
つまり、ちょうど「若い頃と違うな~」と年齢を感じ始める時期というわけですね。

そんなときに身体を守る働きを手助けしてくれる成分があります。 それがビタミンCやビタミンE、そしてコエンザイムQ10などの抗酸化作用という働きをもつ成分です。

そして、この中でも特にコエンザイムQ10が注目を集めています。
なぜならCoQ10は、もともと身体の中に存在している成分だから。
ビタミンCやビタミンEは食事やサプリなどで摂取しない限り、身体の中には存在しない成分なのです。

コエンザイムQ10は年齢を重ねると減少していきます。
だからこそ、補給していくことが必要になります。
コエンザイムQ10を積極的に補うことで老化の原因(=サビ)のケアが可能なのです。

2:エネルギーをつくる為に!

私たちが生きていく為にはエネルギーが必要不可欠。
エネルギーの根本になるのは食事ですが、食事を効率的にエネルギーに変えていけるかどうか・・・ これが活力を左右するポイントになります。

私たちの身体には、食べ物をエネルギーに変える為の場所(=細胞)がありますが、ここで活躍しているのがコエンザイムQ10なのです。
CoQ10は特に心臓に多く存在しているということが分かっています。
これは心臓は常に休むことなく働かなくてはいけないから。

もっと詳しく知りたい!

画像

食べ物は胃や腸などで消化吸収されて「栄養分」になります。
そして、その栄養は各細胞に血液を通して輸送されていきます。
細胞にはミトコンドリアというものがあり、ここで栄養は初めてエネルギーに変換されます。

コエンザイムQ10は、このミトコンドリアという器官のなかで働いています。

体内に元から存在するコエンザイムQ10

先述したように実は体内にはコエンザイムQ10が元から存在しています。
そして、エネルギーを造ったり抗酸化作用を活かして働いているのです。
しかしながら、体内に存在しているCoQ10は20代をピークに徐々に減少していってしまいます。 これが原因で老化が始まってしまう訳です。

だからこそ、CoQ10を積極的に摂取する必要が出てきます。

もちろん食事からも補給することは可能ですが、普通の食事だと一日に約3~5mgくらいしか摂取することができません。それに対して、一日に摂取したい理想的な量は100mg以上。
(日本コエンザイムQ協会理事 東京工科大学応用生物学部長 山本教授推奨)
比較するとわかりますが、食事だけでは全然足りていません。

食事で摂取する場合・・・

CoQ10を十分に食事から摂取するには、何をどれくらい食べれば良いのでしょうか? CoQ10が豊富に含まれていると言われているのは、
青魚(イワシなど)や肉類(牛・豚など)です。
しかし、仮にイワシを食べてCoQ10を100mg摂取するとなると一日に26匹前後も食べなければいけません。 (イワシ一匹を60gとした場合)
ちなみに、イワシはCoQ10をもっとも多く含んでいると言われています。

これを毎日続けるというのは少々難しいですよね。
そこで活用したいのがサプリメントという訳です。
例えば、筆者の場合はステラの贅沢CoQ10というサプリメントを飲んでいます。

サプリメントを飲むときのコツ

サプリメントを飲む場合でもいくつかのコツ・ポイントがあります。
より効率的に効果を実感したい場合には下記を試してみて下さい。
(筆者の場合はステラの贅沢CoQ10というサプリで実践して一番効果を実感しました。)
CoQ10の効率的な摂取方法で詳細を解説しています。

食事と一緒に・・・

コエンザイムQ10はタイプにもよりますが、水に溶けず油に溶けやすいという性質があります。 その為、油分を摂取することができる食事の際にサプリの吸収率が上がります。
食事中ではなく、食後でもOKです。

タイプで選ぶ

ひとくちにCoQ10といっても実はいくつかのタイプがあります。
発酵型・還元型・酸化型などなど。
それらのタイプごとに吸収率が違い、個人差があると言われています。
その為、色々なサプリを実際に試してみるのがオススメ。
トライアルなどのキャンペーンを上手に活用すれば、気軽な値段で試すことができます。

トライアルやキャンペーンのあるサプリメントは下記が代表的です。
協和発酵バイオ発酵コエンザイムQ10EX
カネカ還元型コエンザイムQ10サプリ

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.