コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像

サプリメントで摂るコエンザイムQ10

コエンザイムQ10を体内にとり入れる方法には、さまざまな方法が考えられますが、健康維持を目的に考えるのでしたら、サプリメントから体内にとり入れる方法が効果的です。

コエンザイムQ10は、人間をはじめとする多くの動物や植物の中に存在する成分のため、人間が日常的に口にする食べ物から摂取することも可能ですが、それぞれの食べ物に含まれるコエンザイムQ10の量はごく微量なため、1日に必要な量を体内にとり入れるためには多くの食べ物を摂取する必要があります。

たとえば、イワシにたとえると6匹、牛肉にたとえると950gに相当する量を1日に摂取する必要があるため、食べ物だけからコエンザイムQ10を摂取することは、現実的に考えて難しいのです。
そこで、一日の必要摂取量を効率良く体内にとり入れるために考えられているのが“サプリメント”です。

錠剤状に加工されたサプリメントには、1錠に含まれているコエンザイムQ10の含有量が決まっているので、一回に服用する錠剤の数によって一日の必要摂取量を摂取することができます。
また、サプリメントにより体の内側から細胞に働きかけることで、全身にコエンザイムQ10の成分を行き渡らせることができ、内臓をはじめとするさまざまな器官の細胞に働きかけて、美容面から健康面に至るまで、広い範囲の効果を期待することができるのです。

ただ、全てのコエンザイムQ10のサプリメントに同じような効果が期待できるとは限りません。
サプリメントに含まれるコエンザイムQ10には、化学合成を行って製造されているものと、天然の原料から抽出されて製造されているものがあります。
意外と製造方法の違いを気にしないで、サプリメントを購入している人が多いようですが、この2つの製造方法によって、現れる効果にも違いが出てくるのです。

■ 化学合成サプリメント
・メリット
 コストが安いため低価格の商品が多い
 農薬の心配がない
 不純物がないので高濃度の栄養素が入っている
・デメリット
 石油由来の製品は、体内で吸収しない場合がある
 天然素材に含まれるその他の成分が入っていない
 効果が期待できない場合がある 

■ 天然素材から抽出されたサプリメント
・メリット
 天然素材なので体に吸収されやすい
 天然素材の原料に含まれる成分も一緒に摂ることができる
・デメリット
 コストがかかるため価格が高い
 原料に農薬が残っている場合がある

また、サプリメントなどにより体の内側からコエンザイムQ10をとり入れた場合は、全身の細胞に成分が行き渡るまでに1週間ほどの期間が必要となるため、即効性は期待できません。
サプリメントはあくまで健康補助食品です。

健康維持のために、継続的に摂取するのでしたら、コエンザイムQ10のサプリメントは高い効果が期待できると言えるでしょう。

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.