コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像

コエンザイムに副作用はあるのか

コエンザイムQ10は美容や健康に良い成分として広く知られています。
しかし、美容や健康を目的としたサプリメントの販売が開始されたのはごく最近のことで、それまでは心疾患を治療する薬として使用されていました。

薬やサプリメントは、ある一定の効果を期待して摂取する場合が多いため、必ずと言っていいほど、副作用の心配がつきまといます。
コエンザイムQ10は、体内にもともと存在する成分なので、基本的には副作用の心配がないと言われています。

しかし、一日の摂取量を大幅に超えた場合は、副作用が起こる可能性もあると言います。
コエンザイムQ10の一日の摂取量は、基本的に30mg~60mgが目安と言われていますが、摂取量の目安はコエンザイムQ10を摂取する目的によっても変化します。

たとえば、激しいトレーニングを行うトップアスリートの場合は1日に100mg~300mgほどの量を摂取する必要があります。
一般的な摂取量の目安と、トップアスリートの必要摂取量には大きな違いがありますが、仮に普通の生活をしている人がトップアスリートと同じ量のコエンザイムQ10を摂取したとしても、ほとんどの場合は副作用の心配はないと言われています。

では、過剰摂取と言われる量とはどのくらいの量を言うのでしょうか?
実は、コエンザイムQ10の過剰摂取と副作用の関係は、専門家の中でも賛否が分かれており、過剰摂取による副作用の報告はほとんどされていないという現状があります。
しかし、ごくまれに“吐き気・頭痛・胸やけ”などの症状を起こすケースもあるので、サプリメントのパッケージなどに記載されている一日の摂取量を守って摂取することが安心だと言えるでしょう。

また、次に該当する人は、コエンザイムQ10の摂取自体を控えたほうが良いと考えられています。
まず、ひとつが、病気を治療している人や常時薬を飲んでいる人です。
コエンザイムQ10自体は体内に存在する成分であるため、他の薬と併用をして服用しても副作用の心配が少ないと言われていますが、コエンザイムQ10を扱う商品には、ほとんどの場合コエンザイムQ10以外のその他の成分が多く含まれています。

これらの成分と薬を同時に服用することによって体に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
また、妊娠中や授乳中の女性は、コエンザイムQ10を摂取した場合の十分な安全性が確認されていないため、摂取を控えたほうが良いと考えられています。

コエンザイムQ10による副作用などは報告されていませんが、お腹の中の胎児や赤ちゃん、お母さんの安全性を考えて、念のため控えることが賢明だと言えるでしょう。

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.