コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像

疲労回復にはコエンザイムQ10

忙しく日々働き、ストレスの要因が多いと言われる日本では、長期間に渡って疲れが取れない“慢性疲労”になっている人が多いと言われています。
日本人は外国人と比べて働き過ぎだとよく言われていますが、朝から晩まで働いて、それでも仕事が終わらずに休日も出勤・・・なんてことも、よくある光景ですよね。
そんな毎日が続いているなら、疲れるのも当然かもしれません。

それでも、疲れたからと言って仕事を休むわけにはいきませんから、無理をして出勤することになります。
パワーを補給するために、毎日のように栄養ドリンクを飲んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

栄養ドリンクを飲むことで、確かに一時的に体力が回復したように感じますが、多くの栄養ドリンクにはアルコールやカフェインといった興奮作用のある成分が含まれており、効き目が切れると、どっと疲れが出る可能性があります。
また、栄養ドリンクには糖分が多く含まれているので、糖尿病にかかる可能性もあるため、毎日飲むのはあまりオススメできません。

それと比べて、コエンザイムQ10は実に優秀です。
栄養ドリンクのような即効性は期待できませんが、体の体質を確実に改善させて、疲れにくい体を作り出します。

健康な体のときは、一晩寝るだけで体力を回復することができますが、疲れがどんどん蓄積されていくと、一晩寝るだけでは疲れが取れなくなり、さらに症状が悪化すると不眠症になることもあるため、ますます疲れが取れなくなるという悪循環を起こします。

このような状態が続くと、自分の力で疲労を回復することが難しくなり、慢性疲労の状態に陥ってしまうのです。
疲労の原因は、エネルギーの不足だと言われていますが、コエンザイムQ10は、そのエネルギーの生成を手助けする働きを持っています。

コエンザイムQ10は、人間を構成する全ての細胞の中に存在する“ミトコンドリア”という小器官に含まれている成分です。
ミトコンドリアは、体内にとりいれた栄養素をエネルギーに変換する働きを担っており、コエンザイムQ10はその働きをサポートしています。
体内でコエンザイムQ10が不足すると、ミトコンドリアが正常に働かなくなり、いくら栄養をとっても、エネルギーにうまく変換されない状態になるのです。

また、コエンザイムQ10は、年齢とともに減少する特徴がありますが、その他に、ストレスによっても減少することが分かっています。
つまり、ハードな仕事によって、ストレスがたまると体内のコエンザイムQ10が減少して、より疲れやすくなる可能性があるのです。
このように、体内にあるコエンザイムQ10が減少した場合は、外部から補給をしてエネルギーの生成能力を高める必要があります。

コエンザイムQ10は、魚、肉、野菜、乳製品などの食品にも含まれていますが、それぞれに含まれている量はごく微量なため、食品だけで十分な量を摂取することはとても困難です。
体に必要な量を摂取するためには、コエンザイムQ10が含まれるサプリメントと食品を合わせて摂ることが効果的ですが、エネルギーを効率良く作り出すためには、特に、ビタミンB群を多く含む食品と組み合わせて摂取すると良いでしょう。

コエンザイムQ10の一日の必要摂取量は、通常の場合30~60mg程度と言われていますが、疲労がたまっている場合は少し多めに摂取をして、体の具合を見ながら調整をしてみて下さい。
コエンザイムQ10飲むタイミングや飲用を避けたほうが良い人についてはこちらをご覧ください。

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.