コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像

コエンザイムQ10の適正量

コエンザイムQ10は、人間の細胞ひとつひとつの中に存在する成分であり、生命活動を維持するために欠かすことのできない成分のひとつです。
しかし、コエンザイムQ10の体内濃度は20歳を過ぎたあたりから徐々に低下していき、40歳を超えたあたりからと急激に低下すると言います。

そのため、健康な体を維持するためには、コエンザイムQ10を外部から摂取する必要性が出てくるのです。
では、コエンザイムQ10の適正摂取量とはどのくらいなのでしょうか?
一般的には、1日に30mg~60mgくらいの摂取量が目安と言われています。
これは、イワシにたとえると6匹、牛肉にたとえると950gに相当する量になります。

普通に考えても、食事として毎日摂取することが現実的ではないことが分かりますよね。
つまり、コエンザイムQ10を効率良く摂取するためには、コエンザイムQ10が含まれる食事とサプリメントを併用して摂取することが必要となってくるのです。

また、推奨される摂取量は、発表している機関によっても違いがあり、日本コエンザイムQ協会の推奨摂取量は1日に100mgですが、欧米では1日に100mg~300mgの摂取が平均とされています。
また、摂取する人の健康状態や状況によっても、推奨される摂取量が変わってきます。

たとえば、美容や体質改善のために摂取する場合は、100mg程度の摂取量が必要とされていますし、スポーツなどによって多くの体力を消費する場合や、病気など体力の回復のために摂取する場合は、300mg程度の摂取量が必要だと言われています。

コエンザイムQ10は、人体への多くの効果が期待できる成分ではありますが、だからと言って大量に摂取することで効果が高まるわけではありません。
コエンザイムQ10の過剰摂取による副作用は、今のところ報告されていませんが、人間が一度に体内で吸収できる量は決まっているため、大量に摂取したからと言って思ったほどの効果が期待できないのです。

また、サプリメントの種類によっては、体内で溶けにくく吸収率の低い製品や、コエンザイムQ10の含有量の少ない製品も存在します。
これらの問題を受けて、日本コエンザイムQ協会では、一定の基準を満たした商品に対して品質推奨マークをつける準備を進めています。

コエンザイムQ10の摂取量は、摂取する目的と、製品に含まれている成分や効能を理解した上で判断することが必要と言えるでしょう。

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.