コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像

コエンザイムQ10は生命活動の源

コエンザイムQ10は、さまざまな化粧品やドリンク、サプリメントとして販売されており、雑誌やテレビなどの多くのメディアによって、その高い効果が広く知られるようになりました。

なぜ、これ程までに注目を浴びているのかと言うと、コエンザイムQ10は、体のさまざまな機能に高い効果が期待できる上に、副作用の心配がほとんどない成分なのです。
市販されているコエンザイムQ10の商品は、合成や抽出することによって製造された成分ですが、実は私たち人間の体内にもともと存在している成分でもあります。

私たち人間の体は、約60兆個もの細胞で構成されていると言われていますが、そのほとんどの細胞にコエンザイムQ10が存在しているのです。
コエンザイムQ10は、細胞の中に存在をする“ミトコンドリア”という小器官に含まれる成分で、ミトコンドリアが作り出す“ATP”というエネルギーの生成に大きな影響を与えています。

ミトコンドリアが、体内にとり入れた栄養からエネルギーを作り出すためには、コエンザイムQ10が必要不可欠な存在であり、コエンザイムQ10の体内濃度が少なくなると、エネルギーを効率良く作りだすことができなくなるのです。
エネルギーと聞いても、その重要性にピンとこない人もいるかもしれませんが、エネルギーが不足すると言うことは、生命活動に直結することなのです。

ミトコンドリアは人間のエネルギーの約95%を生成していますので、そのエネルギーの生成が上手く行われないということは、生命活動を維持している全ての器官に影響をあたえる可能性があることを示しています。

最初は軽い疲れやだるさ、肌荒れ程度から始まるかもしれませんが、エネルギーが不足して細胞が正常に機能しなくなると、免疫力が低下してウイルスや細菌などによる感染病にかかりやすくなりますし、心疾患や脳疾患などの生命に関わるような重篤な病気にかかる可能性もあるのです。

しかし、コエンザイムQ10には、年齢を重ねるごとに体内の生産能力が低下して、自然と体内濃度が減少するという特徴があります。
コエンザイムQ10の体内濃度は20歳前後をピークに徐々に減少していき、40歳を超えると急激に減少します。
そして、80歳頃になるとピーク時の半分以下の濃度になってしまうのです。

このことによって、老化や体調不良などの体の変化が現れるようになると考えられるのです。
ですから、コエンザイムQ10は、美容や健康にこだわる一部の人だけに必要な成分なのではなく、全ての人間に必要な成分だと言えます。

また、もともと体内に存在している成分なので、コエンザイムQ10を摂取することで副作用が起こる可能性が低い理由も理解できますよね。

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.