コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像

コエンザイムQ10でアンチエイジング

コエンザイムQ10には“アンチエイジング”の作用があることが知られています。
実際に、化粧品や美容ドリンクなど多くの美容に関する製品に使用されており、使用した女性の多くがその効果を実感していると言います。

最近、よく耳にする“アンチエイジング”という言葉を簡単に説明すると、年を取ることによって起こる老化現象を抑えて、老化の防止、改善をはかることを言います。
以前は、年齢を重ねるごとに老化が進むのは当たり前のことだと考えられていましたが、昨今の美魔女ブームや健康志向などにより、年を重ねても、若々しく健康な体を保ちたいと考える人が増えてきました。

コエンザイムQ10の代表的な働きには“抗酸化作用”と“エネルギー生成作用”があり、この2つの作用がアンチエイジングを成功させるために、強く影響していることが分かってきたのです。
まず、ひとつはコエンザイムQ10が持つ強い“高酸化作用”です。
高酸化作用とは、体の細胞を傷つける活性酸素を除去する作用のことを言います。

活性酸素は、体に害を与える細菌やウイルスを除去する働きを果たすので、本来であれば、体にとって必要な物質なのですが、紫外線などにより悪性化した活性酸素は、細菌やウイルス以外の正常な細胞までも傷つけてしまうのです。
細胞が傷つくことによって、体のさまざまな機能が低下して、臓器や器官の働きが悪くなります。
その結果、新陳代謝が正常に行われなくなり、シミやシワ、たるみなどの肌の老化現象が起こりますし、免疫機能も落ちるため、さまざまな体の不調を起こす原因となるのです。

もうひとつの作用である“エネルギー生成作用”とは、体内に取り入れた栄養素をエネルギーに変換する作用のことを言います。
コエンザイムQ10は、人間が生命活動を行うために最も大切といわれる、エネルギーを作り出す作業に欠かすことのできない成分のひとつです。
体内のエネルギーが効率良く生成されることによって、体力が回復し、疲れづらい体になります。
その結果、健康でハツラツとした生活を送れるようになるのです。

また、コエンザイムQ10の体内濃度は、20歳をピークに自然と減少していく特徴があります。
減少のスピードは40歳を超えると急激に早まり、80際になるとピーク時の半分ほどの濃度になってしまうのです。
つまり、年齢を重ねるごとにコエンザイムQ10が減少し、その結果、人間が本来持つ“抗酸化作用”や“エネルギー生成作用”が正常に働かなくなるため、老化が進むと考えられるのです。

逆に考えると、コエンザイムQ10を上手く体内にとり入れることができれば、老化を抑制する“アンチエイジング”を実現できることになりますよね。
最近、「化粧のノリが悪くなったな~」「なんだか疲れやすくなったみたい」など体の老化を感じ始めている方は、体内のコエンザイムQ10が減少しているかもしれませんよ。
そのような方は、一度、コエンザイムQ10を試してアンチエイジングの効果を実感してみてはいかがでしょうか?

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.