コエンザイムQ10を選ぶならどれ? -気になる口コミ情報まとめ

評判のCoQ10サプリメントをコスパや効果で徹底比較!

ロゴ
スマホイメージ
画像

コエンザイムQ10の抗酸化作用

コエンザイムQ10の主な作用として、体内のエネルギーを作り出す手助けをする以外に、高い抗酸化作用があることが知られています。
鉄は空気中の酸素によって酸化をして錆びる特徴がありますが、人間の体にも鉄と同じような現象が起こります。

酸化によって錆びた細胞は、さまざまな器官に老化現象を起こすと言われているのです。
体を酸化させる原因のひとつとして“活性酸素”があげられます。
本来、活性酸素は体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃するという重要な役割を担っています。
しかし、紫外線などの外的ストレスにより悪性化した活性酸素は、ウイルスや細菌以外の正常な細胞までも攻撃をするようになってしまいます。

細胞が傷つくことによって、シミやシワ、たるみなどの見た目の老化から、アトピー性皮膚炎、白内障、関節炎、がん、糖尿病、動脈硬化など、さまざまな病気や症状が現れる可能性があるのです。
抗酸化作用とは、悪性化した活性酸素を分解・除去することで、このような体の老化現象を防止する働きのことを言います。

体内で抗酸化作用が期待できる成分には、コエンザイムQ10の他にも、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸、グルタミン酸、システテインなどがあります。
その中でも高い抗酸化作用があることで知られているのがビタミンEなのですが、ビタミンEは、活性酸素を分解することで、自らも酸化を促進させる性質に変化する特徴があります。

この、性質が変化したビタミンEを、もとの性質に戻す役割を果たすのがコエンザイムQ10なのです。
つまり、コエンザイムQ10は、ビタミンEが高い抗酸化作用を発揮するためにも、必要不可欠な成分だと言えるわけです。

しかし、コエンザイムQ10などの体内で生成することのできる抗酸化物質は、紫外線や外的ストレスなどにより活性酸素が悪性化するような状況の場合は、生成がうまく行われないという特徴もあります。
また、コエンザイムQ10の生成能力は、年齢を重ねるごとに低下していく傾向にあるのです。

コエンザイムQ10は20歳前後をピークに減少していく特徴があるので、一定の年齢を超えて、紫外線を多く浴びる人、ストレスの多い人、タバコを多く吸う人などは、コエンザイムQ10をサプリメントなどから摂取して、体調を整える必要があるかもしれませんね。

Copyright© 2010 CoQ10 Navi All Rights Reserved.